新着記事

【Q&A】闇金と消費者ってどちらから近づくものなのですか?

Qちょっと洋服を買いすぎたという月に、食費が足りなくなったのでカードローンを利用しました。それ以来、夫の収入からもらう生活費と自分のパート代、それからカードローン利用が生活の中に当たり前の世に組み込まれています。今は、この三つがバランスが取れてるというか、滞納もなくなんとかやって行けてるんですけど、ここに急な冠婚葬祭などが入れば、突然借金が増える事になります。そうなると、自分が借金を増やしていく想像が最近つくようになったというか…そんな自分の未来が心配なんですけど、闇金と消費者ってどっちから近づくものなのですか。闇金から近づいて来るのなら実家の母にでも相談してなんとかカードローンの部分を払ってもらうしかないと思ってるんですけど…。

Aどちらから近づいて来るって…何を心配してるんですか?僕には全然意図が見えませんけど。ネット上で借金できるところをたくさん検索してたら、ヤミ金融に誘導されるようなホームページにも出くわします。そこは簡単にお金を貸してくれるように書いてあります。ですから、簡単にお金を借りたいと思ってる人なら、ちょっとだけクリックしてみた。ちょっとだけ連絡してみた。結局借りた。て事になるから、両者が引き寄せたといってもいいんじゃないの?

ネットサーフィンしてると、その人が検索したものや、それ関連が次々と関係ないホームページを観てても出てくる時代だからね、どっちから近づくかと聞かれたら、双方が近づいて来るんだろうって話だよ。闇金側は消費者のそんな心理も突いてる気がするよね。そういう依存関係が成立してるんじゃないのかな。闇金が近づいて来るなら怖い怖いと思う前に、正しく返済できることに頭を使った方が賢明だと思う。それか、正規の消費者金融を装って闇金が近づいて来る心配なら、自分がそういうところを選ばなければいいだけのことでは?

大手の消費者金融だけを利用してれば、そんな心配は無用でしょう。闇金は、登録業者を名乗るところもあれば、登録業者でもブラックに貸付けるという会社もあります。登録業者以外は闇金ということになるから、それを調べるのは金融庁のホームページでもわかるし、都道府県に問い合わせてもわかる。何かに任せきりじゃなくて、自分で自分の身を守るのが大人だと思うけどな。

闇金と消費者は一度つながったらその関係は切れないものですか

ヤミ金と切っても切れない縁になるかどうかは本人次第です。世の中にはたくさんの貸金業者が居るのです。その中で、闇の金融会社に借入をしようとするのですから、一般的な銀行や消費者金融では借入ができない人と考えるのが妥当でしょう。そのような人は、銀行で借り入れられなくてあきらめず消費者金融に行く、そして消費者金融で借りられなくなり、その次を探したということです。ここでダメならもう借りるところはない。と思えない人は、闇金と一度つながったら、その縁を切るのは困難だと思われます。

一生借金を背負う人生を歩く方に思えます。地獄とまではいかないと思います。なぜなら借金に借金を重ねながら生きる人は、感覚が麻痺してますから、返済しながら生きるのが当たり前になります。人間は順応する生き物です。良いことにも悪いことにも順応します。ですから借金に麻痺して生きている人、これが多重債務者の大半です。ですから、親戚のためにお金が借りたいとか、ローンの一本化で少し楽になり、気持ちが大きくなる人、見栄っ張りも治りません。しょうがないです。根っからの多重債務者なのですから。

ヤミ金と一度つながっても、その関係を切れる人はいます。ですが、多重債務者にまでなって、また新たな借金をする人は一生縁は切れないでしょう。理由がどうであれ、”借り入れる理由”が欲しいだけなのです。自分で気がついてもらいたいところなのですどね。闇金にまで行く人、多重債務者となる人は、借金をする理由が欲しい人なのです。自分の手で稼いで、そのお金が全部自分の使えるお金になった時の充実感よりも、人から借りて手にしたお金の方がより幸せに思えるということなのでしょうか。

もちろん、人の借金を肩代わりしている人や、騙された様な可哀相な方もいらっしゃいます。そのような方は別としても、多重債務者の傾向は同じだということはわかってきました。借金依存もアルコール依存も人間の依存関係も根底は同じで、それがなければ生きられない人ということです。
ヤミ金は、携帯電話番号で営業しています。当然登録業者ではありません。しかし、登録業者を名乗る場合もあります。もちろん嘘です。登録業者ではないからヤミなのです。待ち合わせも、車中やファミレスなどです。どう考えてもおかしな場所です。一度きちんと返済しても、返済してくれる客をヤミ金が手放すわけないと思うのがいいかもしれません。

寂しい人の心の隙間に入るくらい闇金融は簡単なのではないでしょうか。たぶん、そのような人の心の隙間に滑り込むことは容易なことなのだと思います。それ程借金を繰り返す人の心のガードが緩いのです。ごまかしていた心に正直になってみてください。自分の心に正直になれたら、借入をする理由を作っている自分に気がつきませんか?

【お悩み】夫に借金を打ち明けるとき、早めに言うべきか悩んでいます

Q最初はほんの1、2万円だったんです。簡単にカードローンが作れるというインターネットの広告をみて申し込んでみたらすぐ作れて、審査もバイト先の人に変にも思われず通過したんです。だからちょっと贅沢するときだけと思って借りたのが最初で、つい、パート代を超えて使ってしまったというか、1年くらいかけてだんだん返済できにくくなってきました。このままどんなにパート代をつぎ込んでも夫にはバレる状況なんですが、返済のためにお金出して!という時期は、ギリギリがいいのか早めがいいのか悩んでます。

Aなんか旦那の立場の自分としては腹立たしいですね。そりゃあ早めに言うのが良いでしょう。ギリギリまで先延ばしにするってことは、金利もかさんでるってことですよね?早めがいいかギリギリが良いかってのは、奥さんが旦那さんに怒られないタイミングは?ってことですよね?内緒で贅沢するために借金して、まだ自分を守るんですか?自分の奥さんがあなただったらショックです。借金の額にもよりますけど正直、離婚したい気持ちになりますね。

自分にも経験があるけど、借りて何とかなる時期はあっという間に過ぎるんですよ。ちょっと贅沢したものが品物なら売り飛ばして精一杯赤字を何とかするべきだと思うし、パートを増やすとかフルタイムで働くとか、努力をしたってのは見せてほしいと思ってしまいます。返済が滞って消費者金融から文書や督促が来てから妻の借金の事実を知ったら僕なら傷つきます。消費者金融を含めた貸金業者は、貸して、返済がコンスタントに行われて正しい取引が成立しているのですから、返済が滞るのならどんな手段をとっても回収したいと思うのが人情ですよね。

そうなってから旦那さんにバレたのでは遅いんじゃないすか?そうなる前に消費者金融も何とかしないといけないのと同じだと思います。どのみち「なんでもっと早く言わなかったんだ」ってことですよね。

悩んでいます、夫に借金を打ち明ける時期はいつがベストなのか…

ご主人に内緒にしていることは、一刻も早い告白がおすすめです。嘘は、あとになればなるほど何かに悪影響を及ぼすものということは、子どもの頃からの親の教育で理解できていますよね。どんなことでも事前に全てを話し、わかってもらう方が夫婦関係のためにも良いと思われます。どうせ怒るからと思い込んで、ぶっきらぼうに打ち明けたり、逆切れのように話したのでは、ご主人も傷つきます。誠意を持って話し合うことが、その内容よりも大切なのです。

そのときの誠実な打ち明け方が今後の夫婦の形や関係を決めるといっても過言ではありません。たくさんの夫婦がたくさんの悩みを打ち明けながら本物の夫婦になっていくのです。何もあなたの所だけが特別なのではありません。借金の話など、まだまだ簡単な問題かもしれませんよ。あなたに打ち明けるためにこんなに悩んだということを話してみてもいいじゃないですか?お金のことにご主人が逆上したとしても、不安で人は逆上するのですから、怒りが収まるまで少し待ってあげてください。

話すチャンスを何度も逃すと、こちらの打ち明ける気持が萎えてしまうこともあります。そうなると、もっと困った問題に発展する可能性がありますよね。だからあなたも悩んでいるのだと思います。チャンスは今だと思って、早めの打ち明けを祈ります。そして、借金の金額にもよりますが、定期預金があるなら、定期を担保に借入ができるというのも郵便局などにはあります。満期になった時の金額の方が今解約するより断然得という場合は、借入にかかる金利と定期の満期時の利息を計算し、得な方で処理するといいと思います。他には、生命保険に加入してるなら、自分が掛けてる保険料から借り入れする方法もありますね。年利も低めで金額の折り合いがつけば、かなりお得なはずです。

ただし、月々の掛け金や、契約年数で借入可能額は大きく変わると思うので自分の生命保険を調べてみてください。一般的な生活をしている家庭なら、意外といろんなところで借入ができるようになってるみたいです。タイミングが合えば、ご主人のボーナスが近いときなど、消費者金融の初回限定キャンペーンで、30日間無金利の貸金業社で借入、まず借金分をカードローンの無金利期間で借り受けて、返済に充てる。翌月ボーナスが出たら、ボーナスで返済する。30日後に完済できて、無金利で事が済めば、定期預金を解約やそれをもとに借入する必要は無くなりますね。

借金の打ち明けに悩んでいるのに、借金をして返済というのも変な話ですが、審査に通るようであれば無金利は利用するに値するサービスではないですか?一刻も早い打ち明けと、返済を考えてみてください。

【不安】多重債務から抜け出す方法を人に聞いても色々言われるだけで

Q多重債務に陥っています。借りて借りての自転車操業はもう疲れました。この生活から抜け出す方法を恥も捨てて色んな人に相談しますが、「破産したら簡単」「破産だけはするな」「最後まで返せ」「専門家に相談するべき」「おまとめローンがいい」等々です。自分は三カ所の消費者金融と知人や親せきから借金をしています。知人や親せきは毎月頭を下げて待ってもらっていますが、それももうギリギリで、消費者金融には新しく借りて返済に充てる状況でした。でも、今日、そのうちの一か所からカードローンは利用できないの表示が出て、もう、これ以上無理だと思いました。どうしたらこの生活から抜け出せますか。

A借金の状況やその人の家庭の状況などは人それぞれなので、ここでこれが一番!なんてのは誰も答えられないと思いますよ。僕の場合は、結婚して自分の収入を考えずに結婚が夢のように思えてしまって、車を二台所有し、生活も独身時代のままの感覚で過ごしていました。子どもが次々に3人できましたが、奥さんが仕事を必死でやってました。もっと稼いできて!と言われなかったので、現実に目が向けられなかったんです。今思うと奥さんに申し訳ないことしたと思ってます。

ある日、元銀行員だった奥さんが「銀行辞めるんじゃなかった…」とつぶやいたのがきっかけで、自分の家庭の生活状況を理解することになったんです。そのときで借金は300万程度でしたが、当時は返済は無理だとすぐあきらめてしまいました。それで破産宣告を安易に選ぶことになったんです。安易にというのは、今となってはバカなことをしたと後悔してもしきれないからです。破産宣告したとき、自分の家族はまだ子どもが小さかったので破産宣告の選択は間違っていたと思ってるということです。

子どもが上が高校生、下二人が小学生のころ、夫婦二人で働いても、どうにも生活がやれなくなってきました。5年前に破産宣告をして300万円の借金が無くなっているのにもかかわらずです。上の子はバレーをしていました。真ん中の子はサッカー、一番下はバスケットをしていました。学費以外にいろいろお金のかかることもあり、高校生の子どもは特待生で学費は免除されましたが、遠征費などは実費です。一回に何万円と出ていくし、みんな食べざかり出し、子どもの世話で奥さんはパートくらいしかできずの生活でした。

しかし、どうしても奥さんが社員並みの給料を取らないと生活が無理になり、奥さんは元の銀行に勤められるよう話が進んだんです。でも破産の事実があるので土壇場でダメになりました。僕名義の破産だったのですが、銀行は配偶者のことも調査するんじゃないかと思います。それからいろいろな銀行や信用金庫、農協などを受けましたが、途中まではいいのですが、最後で落ちるという現実。もう破産が原因としか思えませんでした。

ですから、その人の生活内容や家庭環境によって、多重債務から脱するための方法はこれが一番良いというものは無いんです。道を間違えないためにも専門家に相談されることをお勧めしますよ。僕の心からの叫びです。あの時専門家に相談していればと日々後悔しています。子どもたちは大好きなスポーツもやめてもらうことになり、何とか学校には行けるという状態です。

専門家の相談料は思ったより安いです。着手金は0円~3万円程度、基本報酬も2万円から3万のところもありますし、多くても4、5万円のようです。少しの金額を惜しむと人生を狂わせることになると思うので、よく考えられるといいと思います。

もうしんどいです、多重債務から抜け出す方法を教えてください…

多重債務者は、命を削りながら生きているような気持ちになるものです。ただお金のためだけに働き、返済し続けるのですから疲れ果て、いつ終わるのかと失望することもありますね。それが自分が作った借金では無い場合は尚更です。多重債務から抜け出すために、借金を一本化しましょう。誰しも好きで多重債務に陥ったわけではありません。いつの間にかそうなってしまうのです。大丈夫、その借金を一つの会社にまとめましょう。

多重債務から抜け出す方法は、おまとめローンを利用して、借金を一本化することです。借金を一本化にするメリットは、借入を一社にまとめるので、一社からの借入額が増え、金利も下がり、結果、借入総額が減るという仕組みです。借金の一本化は、総量規制の対象外にもなるため、消費者の味方です。総量規制には除外と例外があり、例外の方にある『顧客に一方的有利となる借換え』に該当するのが借金の一本化のための総量規制を超える借入のこと。

借入は、消費者側に立った規制が多くあるので、消費者は自立できないから守られている。という感が否めませんが、自分でセーブできない借金依存を国が守ってくれているということを自覚しておきたいですね。多重債務を一本化できると、返済日も月に一日となり、精神的にも体力的にもかなり解放されます。月に一度の返済のことを考えればいいだけですからね。借金の一本化ができた時点でホッとされるのではないでしょうか。

そして、一本化の審査も通らない、返済不能にもなって来たという方には、任意整理、個人再生、自己破産という方法もあります。借金返済に疲れ果てているのですたら、どれも専門家委に依頼するのが妥当な判断といえるでしょう。自分でなんとかしようとしても、難しすぎたり、調べたり、読んだり書いたりすることが多く、仕事どころではなくなると思われます。返済に明け暮れて、もうここがギリギリ、もう駄目だと思った時は、まずは無料相談を利用してみてください。

任意整理とは、債権者に司法書士が交渉をしてくれ、借金を整理することです。これは裁判所を通さずに行われるので幾分気分が楽なのではないでしょか。具体的には、借金総額の見直しや、月々の返済額、返済期間などを新たに取り決める解決方法です。個人再生は、持家を手放すことなく借金を整理していくものですね。こちらは裁判所に再生計画案を提出し、認可を受け、借金の一部を免除してもらい、原則3年で返済する解決方法です。任意整理に比べると大幅に借金が減額でき上に、持家は手放さなくて済みますので最低限のプライドも守れるという感じでしょうか。

そして最後は自己破産です。こちらは全ての借金の義務を免除されるものです。裁判所に破産を申し立て、債務者の財産を債権者に公平に分配することで、借金を全部免除してもらう解決方法です。持っている資産があれば全部処分されますけれども、再出発を考えると大きなチャンスが手に入ると思えるものでしょう。これらすべては能力さえあれば自分で処理できるものですが、かなりの労力と努力が必要になります。餅は餅屋ですから、専門家に助けてもらうことも考えてみてくださいね。

注意する点は、プロの中にもその中のプロとそうでない人がいるように、簡単な自己破産を強く薦めてくるような専門家は注意した方がいいですね。自分の現状なら、どういう理由でそれがいいのかを納得がいくように説明してくれるプロを選びましょう。

【ご質問】ここだけの話、借金は逃得って噂があるみたいで…まじで?

Q知人が、借金にも時効があるから借りて時効を待てば返さなくてもいい、結局逃得だって言っていましたし、実際逃げてる途中で、お金を借りたものの全然返していないという話を聞きました。借金にも時効なんてあるんですか、そしたらみんなが時効を待つと思うんですけど、そういうふうに考えるのは私だけでしょうか。

A逃げた方が得かどうかなんかを考えるのはあなただけですよ。と言いたいところですが、借金で首が回らなくなった人は「逃げられるものなら逃げたい」と思うでしょうね。実際自分もそう思いました。でも、本当にそんなことが可能か否かを考える前に、借りた物を返さないのは人としてあり得ないと考える自分でありたいと思いましたけどね。あなたは時効があるなら、それが電話に出ないとか引っ越すとかで済むならそうしたいという気持ちがおありなのですか?わざわざここで質問するという行為が人より得したいという心理が働いているのかもしれませんね。

残念ですが、法的には”返済最終日から5年で時効成立”という文言はあります。しかし、そう簡単に成立しませんし、成立しないと表現した方が正しいかもしれません。あなたの質問に少しイラっとした自分も、また逃げられるものなら逃げたいという心があるのだと思います。自分もまだまだです。民法にある消滅時効が成立すれば借金はいわゆる踏み倒せます。しかし、そこに至るまでの道のりは並大抵ではありません。なにせ回収するのは消費者金融ですからね。

タダで済むわけはありません。銀行で融資を受けていても、カードローン類なら、滞納した時点で債権が保証会社に移行されます。銀行で借りていても最終的には消費者金融が取り立てをするということです。民事の消滅時効というのは、時効成立前に消費者が借金があることを認めると、時効年数が中断され、またその日からのカウントになったり、取り立てが激しくて一回分だけ返済してしまっても、その日からのカウントに仕切り直しされることになります。

なら絶対借金があることを認めなければいいのか?絶対返済しなければいいのかって話でも無いですよ。5年何とか逃げ切れて、やった!借金から解放された!と認めたらやはり時効は成立しないし、万が一逃げ切れるというあり得ないことが起こっても、「時効になった」と申し出て、認められなければ成立しない等々、自分自身にも現実とは違う行動や言葉を求められ、嘘に嘘を重ねてやっと成立するかしないかの無駄なものです。

この法律は、あってないようなものと思った方が自分のためですね。明るい太陽が出ているのに、暗い屋根を見つけて歩き続けるような生活がしたいのですか?そのような生活を求める人は、かわいそうな人生を送って来た人でしょう。家族も裏の道を歩いてきた人なのでしょう。とくにかく自分もそこに入りたい衝動が残っているからこんなに詳しく調べたし、自分も人も許せないんだと思います。明るい道をお互い歩ける人生にしたいですね。

借金なんて逃得よ!と知人に言われました、気持ちが揺れる私って

借金からは決して逃げることはできません。借金には、時効がありますから返済する以上に忍耐強く頑張れば逃げられる可能性はあるでしょう。しかし、逃げていることは事実なので、その事実から決して逃げられない。決して無かったことにはならないのです。今の自分は過去の自分が作ってます。未来の自分は今の自分が作るのです。今の自分が借金から逃げているなら、逃げられた方は損失を被っています。将来のあなたは、”誰か”や”何か”に逃げられ、損失以上の悲しみを被ることになるということです。

そして、現実問題としても、借金の時効を獲得するには並大抵の努力では勝ち取れません。借金の時効はたったの5年。借金をした翌日から計算して5年経過すれば時効の権利が得られます。しかし、その間さまざまな困難がやって来ます。一度でも返済すると、その翌日からまた5年の経過が必要となり、その間督促や取立てがあるのは当然で、それにも屈せず、借りてないの一点張りで強い意志を持ち続けなければならないのです。

貸金業者は、確かに貸しつけているので、そのようなことになれば、取り立ての規制もなにもなくなって激しい取り立てとの「会話」でも注意が必要となって来ます。ですから、そういう点でも精神力もかなり必要となります。万が一、最終的に5年をまんまと経過することができた心の荒んだ人は、最後は時効の援用をしなければなりません。そして、時効の援用が裁判所に受理されないと時効成立にはならないのです。時効の援用とは、時効になったよ!という主張をすることです。

まずここまで行くことが、かなりのいばらの道。逃げることに集中しなければならない人生は人間の生き方とは思えない影を歩くことになります。それでも逃げた方が得だと思い込んで時効を成立させようとする人は、常に人より得をしたい、自分だけは損をしたくないと考える人です。人より得をしたい気持ちは精神バランスが崩れている人です。常に人より得をしたいと考えている人は、精神が安定しません。

物価が上がるとわかると、誰よりもたくさんトイレットペーパーを買占め、消費税が上がる前に必死になって買っておくべきものを探す人にも当てはまると思います。その必死さは、「人を押しのけてまで」というところがポイントです。かわいそうな幼少期を送った人がこのようなことになる可能性が高いといわれています。そんなかわいそうな人は心が荒んでいるので、やさぐれた生活を送るのが普通となってしまっています。無駄な努力を必死で得だと信じ込んでいるゆえにする行動です。

それは自分だと思われた方は、自分はどこから悲しい人生をおくってきたんだろうと考えてみてください。借金に逃得などありません。ご自分が傷ついた頃のことをひとしきり考えることは自分と向き合うことです。自分の環境を変えるためには、自分と向き合うことが必須なのです。

【心配】初めて融資を受ける予定です、消費者金融は会社にバレる?

Qちょっと恥ずかしい話ですが、私はOLで給料も普通にもらっています。23歳になりました。自分で稼いで自分で貯金もできるようになって初めて気が付いたのですが、口の中は虫歯だらけ、洗濯も1週間に1度程度しかしませんでした。でも周りの女性をみているとみんな綺麗で、”きちん”としています。社会の中では女性がきちんとするのは当たり前だと思いますが、私はそんなふうに育ってこなかったので、今慌てていろんな事を周りに合わせています。歯医者にも通っています。洗濯もなるべくするように心がけています。洋服や下着も綺麗な物を買うようにしました。両親は小ぎれいにしていますが、私と兄はどうでもいい感じで育てられたようなのです。それに気がついて慌てて色んな事を整え始めたら、お金が足りなくなってしまいました。でも、一通り人並みの自分にしたいんです。消費者金融が会社の近くにたくさんあります。あそこで融資を受けると会社にバレますか。

Aなんか虫歯のキーワードで自分にも覚えがあるって思い出しちゃったよ~。子どもに無頓着な親って子どもの立場になったら辛いよな。わかるよ。自分たち兄弟もそうだったもん。ちゃんとした家庭で育ってない自分がちゃんとした感じの大人になるまでオレも時間がかかった。こういうのって経験した奴しかわからないよな。納得する自分になるまでしっかり金かけていいと思う!ところで、消費者金融のことだけど、会社にバレることは無いよ。

消費者金融は審査のときは個人名で電話をかけてくれるところが多いし、銀行系の消費者金融はバックにいる銀行名でかけてくるところもある。銀行なら銀行名でかけてきても問題ないし、個人名でも問題は無いよね。だから会社に消費者金融に借金してることがバレることは無いと思う。ただし、遅延したらちょっとわかんないよ。返すって約束した日に返さなかったら、まず携帯に連絡があるはずだよね、それから自宅、その次会社という順番だと想像する。そのとき、個人名でかけてきてくれるかは不明。まさか遅延した時はどんなふうに電話してくるんですか?なんて聞けないしね~。

あ、でも返済日に返せないような事態になった時は必ず貸金業者に電話しなければなりませんよ。うっかり忘れてしまうことも厳禁。借金は、遅延しても結果完済したから円満解決ということにはならないからね。信用情報に”遅延常習者”のような記録が残る場合もあるし、そんなのが残ってしまったらクレジットカードの審査にも通らなくなるし、住宅ローンなんか絶対無理になるからね。それから、遅延すると遅延損害金が1日目からかかるから良いことは何もないんだよ。

ま、これは審査に通ってからの話だし、今まで借金したことが無いくらいならきっと大丈夫。何にしても会社に消費者金融から借金してるってことがわかる理由は無い。そりゃあ、店舗に出入りしてるときに同僚に見られたりするのは別です。しかも今はコンビニやショッピングモールなんかでもATMの利用が可能だから消費者金融の店舗に出入りもしなくていいからね。申し込みもネットでできる時代だし。そう考えると今ってすごいな。

ちなみにネットからの申込なら簡単で対応の早いところがオススメだよ。人気のカードローンをまとめているサイトさん(こことか→http://xn--u9j130g5pau35g0rbn13cv9k96dssib8n.com/)なんかもあるから参考にしてみて。

在籍確認時に自分が不在にしてると、消費者金融は会社にバレる?

在籍確認で本人不在の場合、会社の人に無駄な話は一切しません。在籍確認は、ほとんどがオペレータの個人名で電話をかけてきてくれます。ですから、会社の人に消費者金融から連絡があったと思われることはありません。具体的には、オペレータが田中さんだったら「田中と申しますが、○○さんいらっしゃいますか?」と普通に電話をしてきます。本人が在籍していたら「少々お待ち下さい」で、取り次がれるでしょう。そして本人が電話に出て、田中さんの簡単な質問に答えます。本人確認の生年月日や住所を聞く程度。何も聞かず、フルネームのみ確認して終わるときもあります。

在籍していないときは、「田中と申しますが、○○さんいらっしゃいますか」「○○はただいま席をはずしております」すると田中さんが「わかりました。またお電話させていただきます。」というふうに電話が終わります。これで在籍確認は終了です。なぜなら「○○というものは在籍しておりません」とは言われてないので、席をはずしているという在籍確認ができたということです。どうしても本人と話そうとする保証会社なら、職場に在籍していることは確認できているので、携帯にかかって来ることもある程度です。

在籍確認については、事情のある人は事前に相談してみるといいですね。審査がギリギリの人にとっては、マイナスポイントになる可能性もありますが、審査に楽々通る人なら、顧客のわがままを聞いてでも融資をしたい消費者金融のはずです。在籍確認のときに年収や年齢、勤務年数などは聞かれないので、万が一電話が聞こえている同僚がいても、特に怪しまれることはありません。VISAやマスター等のクレジットカードを作るときと同じ審査です。

クレジットカードを1枚も持っていない人はかえって信用がないというの知っていますか?社会はクレジットカードを持てる人、持てない人、という判断をするものです。ですから、10枚も20枚ももってたら変ですし、キャッシングしてるの?と思われる可能性もありますが、3~5枚程度なら、ステイタスとして当然の域です。そんなクレジットカードの審査も在籍確認はあるのですから、何も心配する必要はありません。もしも電話を聞かれても、会社の人は新しいクレジットカードを作ったのかな?と思う程度ですし、ばれるのではないかと心配するのは当人だけです。

それでも在籍確認は困るというのでしたら、会社に勤務しているという証明ができるものを消費者金融に提出することで免除してくれる場合もあります。ですがやはり印象は疑問の残るものになるでしょう。本当は何でもないことなので。堂々と自分のすることに自信を持ちましょう。

copyright © www.fbsyoutenkai.jp